自動車製造現場のDX推進に向け、ローカル5Gを見据えた自営無線網構築プロジェクトを始動

~設備の予防保全、異常検出、原因究明、デジタル化、可視化等を柔軟に実現する無線ネットワークの実現~

トヨタプロダクションエンジニアリング株式会社(所在地:福岡県宗像市、代表取締役社長:馬場 章友、以下TPEC)は、総務省から自営等BWA(Broadband Wireless Access)の免許交付を受け、製造現場に対する次世代無線アーキテクチャの検証を開始しました。
無線エリア設計や免許申請支援、システム構築、運用保守は、日鉄ソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森田 宏之、以下NSSOL)が担当し、無線設備はノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ジョン・ハリントン、以下ノキア)が提供致します。

「超高速」「多数同時接続」「超低遅延」の3つの特徴を持つ5Gネットワークを製造現場に用いることで、設備の予防保全や異常検出・原因究明、デジタル化・可視化、光ケーブル敷設費用削減等の実現が期待されます。TPECは今回の検証を契機に、製造現場における5Gネットワークによるデジタルトランスフォーメーション(DX)実現を目指します。

4G/5Gネットワーク機器(コア、基地局)及び運用監視システムは、ノキアのNokia Digital Automation Cloud(以下NDAC)を採用。NDACは既にグローバルで120社以上の実績を有すリーディングソリューションであり、スモールスタートが可能で、プラグ&プレイ型かつ運用をマネージドサービス化したクラウドサービスという特徴があります。NDACを用いることで、お客様の製造現場で発生する各種データを社内に閉じて、セキュアに収集・蓄積・活用することが可能となります。
ノキアとしてはグローバルで幅広く自動車製造業に対して先進的なネットワークソリューションを提供して参りましたが、国内の自動車製造業においては本件が初の導入実績となります。

以上