【ITRおよび富士キメラ総研調べ】国内DaaS市場で仮想デスクトップサービス「M3DaaS@absonne」が7年連続シェア1位を獲得

日鉄ソリューションズ株式会社が提供するM3DaaS(エムキューブダース)@absonne(アブソンヌ)が、株式会社アイ・ティ・アールが発行するレポート「ITR Market View クラウド・コンピューティング市場2020」の「国内DaaS市場におけるベンダー別売上金額およびシェア」、および株式会社富士キメラ総研が発行する「2020 クラウドコンピューティングの現状と将来展望」の「DaaS」の「市場占有率」において、7年連続(※)で1位となりました。

昨今、自然災害やパンデミック時のBCP対策や、オリンピック・パラリンピック開催時のテレワークを進める手段としてデジタルワークプレースの注目度が高まっています。それを支える基盤となるのが、社外でもオフィス同様の利便性とセキュリティを両立した業務環境を実現する仮想デスクトップサービスです。従来はオンプレミスで所有する既存システムとの親和性の高さからオンプレミス型の構築が主流でしたが、初期投資や運用管理の負担が少ないDaaSの導入が増加しています。

M3DaaS@absonneは2011年の提供開始以降、業界をリードしている多くの大企業に採用頂いています。自社利用によるユーザ目線でのサービス拡充に継続して取り組んでおり、昨年以降、運用負荷削減と生産性向上を実現する「データ可視化サービス」やスモールスタートに最適な「M3DaaS for Windows Virtual Desktop」などを提供開始しました。高い技術力と豊富な導入実績に裏付けられたM3DaaSは、今求められている企業の働き方改革を成功に導きます。

日鉄ソリューションズはお客さまのITパートナーとして、今後もお客様の企業価値向上に寄与するIT環境を提供し、社会の発展に貢献してまいります。

以上