ホーム > ニュース・プレスリリース > 2020年ニュース・プレスリリース > ニュース・プレスリリース詳細

ニュース・プレスリリース News&Press release

ニュース・プレスリリース

2020年1月17日
日鉄ソリューションズ株式会社

仮想デスクトップのスモールスタートに最適な「M³DaaS for Windows Virtual Desktop」を提供開始

日鉄ソリューションズ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:森田 宏之、以下、NSSOL)は、日本マイクロソフト株式会社が提供する「Windows Virtual Desktop」のPoC及び構築サービスを提供する「M³DaaS(エムキューブダース)for Windows Virtual Desktop」を2020年1月より提供開始します。これにより、利便性とセキュリティを両立した業務環境である仮想デスクトップのスモールスタートを促進し、テレワークの普及を支援します。

少子高齢化や労働人口の減少により、多様な人材が時間や場所を有効活用しながら働き活躍していくことが求められています。その中で、社外でも社内と同様の利便性とセキュリティ対策を両立した業務環境として仮想デスクトップの導入が進んでいます。昨今、育児・介護中の社員や外勤営業に限らず、自然災害等で公共交通機関が運休した際に業務を継続する目的でテレワーク環境を整える企業も増えています。

日本マイクロソフトが提供する「Microsoft Azure」上で提供される仮想デスクトップ環境である「Windows Virtual Desktop(WVD)」が2019年9月末より一般提供開始となりました。6年連続国内DaaS市場一位(※)を獲得する日鉄ソリューションズは早期にWVDの検証を実施し、M³DaaSブランドの新たなサービスとして「M³DaaS for Windows Virtual Desktop」を提供開始しました。

<M³DaaS for Windows Virtual Desktop PoC/構築支援メニュー>

1 WVD Fit & Gap
  • 貴社VDI要件をヒアリングし、WVD要件のFit & Gapを実施
    ※必要に応じて、Citrix Cloud/VMware Cloud/オンプレミス環境との比較を実施
2 検証環境構築
(WVD基本検証)
  • 新規Azure環境(CSP提供)に、WVD環境を構築(既存ネットワーク、既存ActiveDirectoryとの連携なし)
  • 引き渡し時説明会を1回実施(環境構成説明、利用方法説明など)
3 検証環境構築
既存環境とのNW連携
(WVD+業務検証)
  • 新規Azure環境(CSP提供)に、WVD環境を構築
  • 既存ネットワーク、既存ActiveDirectoryとの連携を実施
  • 引き渡し時説明会を1回実施(環境構成説明、利用方法説明など)
  • 検証期間中、貴社のご要望に合わせた検証環境のカスタマイズ(リソースの変更、画面イメージの変更、マスターOS 再展開等)を2回まで実施
4 検証計画作成支援
  • ヒアリングを元に当社から検証項目サンプルを提供。また、貴社のご要望に合わせて適切な検証項目を一緒に検討
  • 検証実施にあたり、検証対象者選定の考え方や、ゴール設定について弊社知見をベースに支援
5 検証結果報告書作成支援
  • 貴社向けの検証結果レポートを作成
    (レポートはA4サイズPowerPoint資料で15~20ページ程度のものを想定)

※上記PoCメニューは、WVD環境を弊社から提供するAzure CSP契約に基づきご利用頂くことを前提とします。

<構成イメージ>

構成イメージ

<Windows Virtual Desktopのメリット>

  1. 「Microsoft Azure」のリソース拡張が容易なため、小規模から導入可能
  2. 日本マイクロソフトが提供する最新オペレーティングシステム「Windows 10」でマルチセッションをサポートしている唯一のサービスであり、少ないVDIリソースで利用可能
  3. FSLogicsによりOffice 365 ProPlusプロファイルを最適化し、日本マイクロソフトが提供する統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」の製品群の利便性を向上するととともに、ログオン時やアプリケーション起動の際の性能低下を防止
  4. Windows 7のサポート期間が終了する2020年1月14日以降も3年間はセキュリティ更新プログラムを利用可能
  5. VDI関連ソフトウェアのライセンスが不要のため、低コストで導入可能

NSSOLはこれからもお客様のITパートナーとして企業価値向上に貢献するべく、時代の変化に対応した最適なソリューションを提供して参ります。

以上

本ニュースリリースについて、日本マイクロソフト株式会社よりエンドースメントを頂いております。 

【エンドースメント】
日本マイクロソフト株式会社 パートナー事業本部 パートナービジネス統括本部長 安藤 浩 氏

日本マイクロソフトは、この度の日鉄ソリューションズ株式会社様の「M³DaaS(エムキューブダース)for Windows Virtual Desktop」の提供開始を心より歓迎いたします。
Windows Virtual Desktopは、Microsoft Azureのクラウドサービスとして提供されるため、Microsoft Azureのクラウドコンソールから容易に展開でき、仮想デスクトップのスモールスタートが可能です。また他の仮想デスクトップソリューションとの組み合わせにより、お客様のニーズに応じた柔軟な運用も可能です。今回のサービスによって、お客様の事業生産性の向上とより柔軟な働き方が促進されることを期待しております。
今後も日本マイクロソフトは、日鉄ソリューションズ株式会社様との強力なパートナーシップを通じて、お客様のデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります。

(※)
株式会社アイ・ティ・アール
「ITR Market View:クラウド・コンピューティング市場2016 - 2019」より
2013年度~2017年度実績値および2018年度予測値 売上金額シェア

株式会社富士キメラ総研
「クラウドコンピューティングの現状と将来展望」
2014年度~2019年度見込値および予測値

・NS Solutions、NSSOL、NSロゴ、M³DaaSは日鉄ソリューションズ株式会社の登録商標です。
・Microsoft、Active Directory、Azure、Office 365、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
・Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
・その他本文記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】

日鉄ソリューションズ株式会社
ITインフラソリューション事業本部
TEL:0120-42-1255
メールでお問い合わせ

【報道関係お問い合わせ先】

日鉄ソリューションズ株式会社
総務部 広報・IR室 鹿島
TEL:03-5117-5532
メールでお問い合わせ

一覧へ戻る

ページ先頭へもどる