ホーム > ニュース・プレスリリース > 2020年ニュース・プレスリリース > ニュース・プレスリリース詳細

ニュース・プレスリリース News&Press release

ニュース・プレスリリース

2020年1月10日
三菱UFJ信託銀行株式会社
日鉄ソリューションズ株式会社

「AI民主化」に向け、三菱UFJ信託銀行が「DataRobot」の全事業領域展開を開始

三菱UFJ信託銀行株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:池谷 幹男、以下:三菱UFJ信託銀行)は、日鉄ソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:森田 宏之、以下:NSSOL)が提供する機械学習プラットフォーム「DataRobot」を導入し、マーケティングやリスク管理業務での実証実験を終えました。三菱UFJ信託銀行は、NSSOLが提供する、企業のAI導入・実ビジネスへの運用定着化を実現する「AIサクセスプログラム」を活用し、今後、各事業領域への展開・業務定着を推進いたします。

三菱UFJ信託銀行は中期経営計画で目指すべき姿として、「『安心・豊かな社会』を創り出す信託銀行」~社会・お客さまの課題を解決できるプロフェッショナル集団~を掲げ、先端技術の活用を積極的に推進しています。
また、NSSOLは「ともに、その先の答えを」というコーポレートメッセージの通り、三菱UFJ信託銀行のチームの一員として展開・業務定着支援を行うことで、その実現に貢献しております。

三菱UFJ信託銀行では、実証実験が完了した領域での実績をもとに、不動産、証券代行、資産運用・資産管理、相続関連業務など、多種多様で広範にわたる新たなビジネス課題への活用拡大に取り組む予定です。またNSSOLは、「DataRobot」、「AIサクセスプログラム」の継続的な提供を含む、総合的なソリューション提供により、三菱UFJ信託銀行のAI活用の業務定着を支援することで、AIによる効率化・業務革新が三菱UFJ信託銀行グループ全体で日常的に行われる「AI民主化」をともに目指してまいります。

以上

<三菱UFJ信託銀行におけるAI適用業務>

三菱UFJ信託銀行におけるAI適用業務

<ご参考資料>

■DataRobot(データロボット)について

  • DataRobotは、機械学習におけるモデル作成とモデルの実環境への配備を自動化します。
  • 計算機科学に関する高度なスキルを持たない人でも、ニーズに合った高精度なモデルが簡単に利用できるようになるため、データサイエンティスト不足という課題の解決に大きく貢献します。
  • さらに、DataRobotは、自動作成したモデルをワンクリックで配備し、シームレスに運用できるプラットフォームであるため、機械学習を活用するまでのリードタイムを大幅に短縮します。その結果、データサイエンティストが、業務課題の発見・定義、施策立案・検証等、ビジネス上より本質的なタスクに集中できるようになります。

■AIサクセスプログラムについて

AI民主化を目指すお客様のサクセスを実現するために必要となる支援を、効果的にデザインされたプログラムモジュールの組み合わせにより提供します。

  • サービス内容:
  • ① お客様のAI活用ステージに適したプログラムの提供
  • ② 各分類タイプに適した実行プランを各パートナーと提供

NSSOLは、SIerとして国内初のDataRobot販売代理店であり、独自のAI民主化コンサルティングサービスを提供してまいりました。これをDataRobot社のAIサクセスプログラムと融合させることで、お客様のニーズに合わせたプランを提供いたします。

・NS Solutions、NSロゴは日鉄ソリューションズ株式会社の登録商標です。
・その他本文記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】

三菱UFJ信託銀行株式会社
業務IT企画部 FinTech企画G AI事業推進担当
TEL:03-6214-8334

日鉄ソリューションズ株式会社
総務部 広報・IR室 鹿島
TEL:03-5117-5532
メールでお問い合わせ

一覧へ戻る

ページ先頭へもどる