ホーム > ニュース・プレスリリース > 2019年ニュース・プレスリリース > ニュース・プレスリリース詳細

ニュース・プレスリリース News&Press release

ニュース・プレスリリース

2019年11月26日
日鉄ソリューションズ株式会社

NSSOL、現場のDXを実現する5Gサービスの提供開始
~自営無線網(ローカル5G/プライベートLTE)による情報収集・活用基盤の提供~

日鉄ソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:森田 宏之、以下 NSSOL)は、お客様におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する情報収集・活用基盤となる自営無線網(ローカル5G/プライベートLTE)サービスの提供を2020年1月より開始いたします。
なお、日本製鉄での展開に向けては、まずは室蘭製鉄所より検討を開始することを、日本製鉄と合意しました。

近年、労働人口の減少やベテランのリタイヤなどにより、さまざまな業界でAI/IoTなどの高度IT活用ニーズが高まっています。特に製造業においてはIoTの活用がますます重要視されており、現場作業員、現場設備をネットワークと接続することで、より多くのデータの収集と活用が始まっています。

移動体通信技術においては、国内でも第5世代(5G)の商用プレサービスが開始され、2020年春からの本格的な商用サービスに向けた準備が行われています。また、企業や自治体が、自らの利活用を目的とする5Gシステムを構築できるよう、12月に制度化が予定されています。
このたびNSSOLが提供を開始する自営無線網サービスとは、お客様の生産現場で発生するさまざまなデータを効率よく収集、また収集・分析されたデータを生産現場で柔軟に活用するための、無線通信環境を提供するものです。本無線通信環境は、5G(ローカル5G)ないし4G(プライベートLTE)を用いることで、Wi-Fi無線網と比較して広いサービスエリアと安定した通信環境を、また商用サービスと比較して月々のデータ通信量に依存しない、よりお客様のニーズに適合した通信環境を提供いたします。構成する機器類は、お客様の環境内に設置することで、特に製造業で重視される現場の操業データを外部に流さない高いセキュリティを担保いたします。(下図:利用シーンイメージ ご参照)

利用シーンイメージ

NSSOLは、お客様が自営無線網を導入、利活用する際に必要となる、無線免許の申請や構成する機器類のマネージドサービス等、導入検討段階から構築、運用まで、一貫したサービスを提供いたします。

NSSOLでは、本サービスをお客様環境へ適用支援するために、「5G推進センター」を2019年8月に設置いたしました。

これまでの「製造/流通系ソリューション」の業務知見や、「IoX(※1)ソリューション」の実績ある先進技術、およびシステムインテグレーション力をもとに、「5G推進センター」を通じた自営無線網サービスの提供を行うことにより、お客様の現場におけるDX実現に向けて、実効性あるベストソリューションをご提供できると考えています。

以上

※1: IoXとは、「IoT:モノのインターネット」に「IoH:ヒトのインターネット」を加えた当社の考え方「Internet of X」に由来する当社の登録商標です。

・NS Solutions、NSロゴ、IoX、安全見守りくん、は、日鉄ソリューションズ株式会社の登録商標です。
・本文中の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】

日鉄ソリューションズ株式会社
5G推進センター
メールでお問い合わせ

【報道関係お問い合わせ先】

日鉄ソリューションズ株式会社
総務部 広報・IR室 鹿島
TEL:03-5117-5532
メールでお問い合わせ

一覧へ戻る

ページ先頭へもどる