ホーム > ニュース・プレスリリース > 2019年ニュース・プレスリリース > ニュース・プレスリリース詳細

ニュース・プレスリリース News&Press release

ニュース・プレスリリース

2019年10月25日
株式会社ネットワークバリューコンポネンツ

(株式会社ネットワークバリューコンポネンツ)NVC、Nozomi Networks社と国内販売代理店契約を締結
~産業用制御システムセキュリティソリューションを販売開始~

株式会社ネットワークバリューコンポネンツ(本社:東京都大田区、代表取締役:大坪 武憲、以下略称:NVC)は、米国のNozomi Networks, Inc.(以下Nozomi Networks社)と、同社の産業用制御システムのサイバーセキュリティおよび異常検出ソリューションの国内販売代理店契約を締結し販売を開始しましたのでお知らせします。

1. 国内販売代理店契約締結の背景

近年、サイバーセキュリティ攻撃が広範囲に渡り、ITネットワークを超えて重要な社会インフラストラクチャ関連や制御系ネットワークへの攻撃へと広がっています。今までの制御システム(OT:Operational Technology)は、ITインフラストラクチャから完全に隔離された環境下で構築されており、外部からの攻撃の可能性を排除してきました。しかし、現在ではOTネットワークはUSBデバイス、IoTデバイス、無線LAN、OT/IT融合など様々な形で外部ネットワークに接続されており、隔離された環境下で安全という安全神話が崩壊しています。今回契約を締結したNozomi Networks社は、産業用制御システム(ICS:Industrial Control System)に対応したセキュリティソリューションを提供する産業用サイバーセキュリティにおけるリーディングカンパニーです。NVCは、今回の販売契約締結により、セキュリティソリューションの対応範囲をITからOTへ拡大することになります。

2. Nozomi Networks社製品の概要

Nozomi Networks社は、産業用制御システムセキュリティに関するソリューションとして、下記の製品を提供しています。

  • Nozomi Networks Guardian(Guardian):機器の検出、脆弱性の評価、および異常検出を1つのソリューションとして組み合わせることにより、ICS環境の可視化とサイバーセキュリティへの対策を実現します。
    ネットワーク上のデータをパッシブに収集する為、既存ネットワークへの影響を及ぼさずに導入ができます。
  • 中央監視コンソール(CMC):世界中のOTネットワークの集中的なセキュリティの可視化と管理を行います。
  • OT ThreatFeed:最新の脅威インテリジェンスを提供します。ICSの脅威を効果的に検出し脆弱性を特定します。
  • リモートコレクター:小規模のサイトから情報を収集する小型のアプライアンスです。
  • Smart Polling add-on module:ネットワーク内の資産に関する情報を収集するアクティブポーリングによりGuardianの資産検出機能を拡張します。Guardianからポーリングを実施して、パッシブ型では収集ができないICS機器などの固有の情報を集めます。

3. 販売開始時期および販売先

  • 販売開始時期:2019年10月
  • 販売先:内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)により指定されている重要インフラ14分野
    「情報通信」、「金融」、「航空」、「空港」、「鉄道」、「電力」、「ガス」、「政府・行政サービス(地方公共団体を含む)」、「医療」、「水道」、「物流」、「化学」、「クレジット」、「石油」をはじめ産業用制御システム(ICS)を有する企業および団体など

https://www.nisc.go.jp/active/infra/outline.html

4. エンドースメント

本発表にあたり、Nozomi Networks, Inc.様よりエンドースメントを頂戴しております。

Nozomi Networksは、日本市場で常に最先端製品を開拓しているイングレータと協業ができて光栄です。日本の重要インフラ分野や産業界でもデジタル化が推進されているため、制御システムネットワークのサイバーセキュリティ対策が優先事項です。この重要な市場に投資し、NVCと協力して、OT、IoT、ICSの可視性とセキュリティのための効果的なソリューションを顧客に提供できることを嬉しく思います。

Edgard Capdevielle
President and Chief Executive Officer
Nozomi Networks, NC.

5. その他

【Nozomi Networks社について】
Nozomi Networksは、業界のリーダとして産業用サイバーセキュリティと運用管理の革新によりデジタルトランスフォーメーション(DX)のペースを加速します。制御システムネットワークに及ぶサイバーリスク対策に取り組むことを可能とします。
OTの可視化、脅威の検出および対策を単一のソリューションで、世界中の何千もの重要な社会インフラストラクチャ、エネルギー、製造業、鉱業、輸送業、およびその他の産業サイトへ提供しています。

本社所在地 アメリカ合衆国 カリフォルニア州サンフランシスコ(グローバル本社)
スイス メンドリシオ(ヨーロッパ本社)
設立 2013年
CEO Edgard Capdevielle
事業内容 産業用制御システムセキュリティソリューションの開発、販売
URL https://www.nozominetworks.com/

【株式会社ネットワークバリューコンポネンツについて】
ネットワークバリューコンポネンツは、ネットワーク草創期から常に最先端製品を開拓してきたネットワークおよびセキュリティのインテグレータです。ネットワーク製品及びセキュリティ製品の提供から、開発、コンサルテーション、構築・保守、マネージドサービス・クラウドサービスの提供まで、最先端技術と、豊富な知識・ノウハウを駆使して、あらゆるフェーズをトータルにサポートします。

本社所在地 東京都大田区南蒲田2-16-2
設立 1990年4月
資本金 381,493,550円
代表者 代表取締役 大坪 武憲
従業員数 82名(2019年3月末現在)
事業内容 コンピュータネットワーク関連製品の企画、開発、輸入、販売、ネットワークデザイン、構築、コンサルテーション、監視・管理、運用サービス
主要仕入先 Aruba, a Hewlett Packard Enterprise Company、Array Networks、Carbon Black、Cisco Systems 、FireEye、Fortinet、Imperva、NIKSUN、Nutanix、RedSeal、ThreatSTOP、Versa Networks ほか
URL https://www.nvc.co.jp/

以上

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社ネットワークバリューコンポネンツ
マーケティング担当:大塚
TEL:03-5714-2050
メールでお問い合わせ

一覧へ戻る

ページ先頭へもどる