ホーム > ニュース・プレスリリース > 2012年ニュース・プレスリリース > ニュース・プレスリリース詳細

ニュース・プレスリリース News&Press release

ニュース・プレスリリース

2012年4月11日
新日鉄ソリューションズ株式会社

新日鉄ソリューションズ、専任組織を設置し、スマートデバイスソリューションを強化。
HTML5に準拠した開発フレームワーク(hifive)をOSSとして公開。

新日鉄ソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:謝敷 宗敬、以下新日鉄ソリューションズ)は、企業情報システムへのスマートデバイス本格導入時代到来を踏まえ、専任組織を設置するとともに、HTML5に準拠した開発フレームワークをOSS(オープンソースソフトウェア)として提供開始いたします。

スマートデバイスは、2010年のiPad発売以来、急速に市場に浸透し、2011年国内出荷実績が2000万台を超えるなど、爆発的に普及してきております。新日鉄ソリューションズでは、これらのスマートデバイスがクラウドと連携することで、ワークスタイルや企業情報システムの変革をもたらすトレンドとして、早くから注目して参りました。そして、システム研究開発センターで研究を進め、昨年10月には複数のデバイス規格に対応したスマートデバイスの開発フレームワークやスマートデバイスのライフサイクル管理を支援するMDM(モバイル・デバイス・マネージメント)ソリューションを提供開始いたしました。

加えて本年4月1日付で、専任組織として「スマートデバイスソリューションセンター」を設置し、事業展開を加速しております。

一方、コンシューマーから普及したスマートデバイスを企業情報システムで活用するには、以下の様な課題がありました。

(1) 対応すべきスマートデバイスの進化が激しいこと
(2) 従来のPC環境に加え、多岐にわたるスマートデバイスの種類やOSへの対応が必要なこと
(3) 大規模システム開発(多数の開発者と多数のアプリケーション画面)に対応する必要があること

新日鉄ソリューションズでは、これらの課題を解決するために、システム研究開発センターにおいて、次世代Web標準としてのHTML5準拠のスマートデバイスに対応したWebアプリケーション開発フレームワーク「hifive」の開発を進めてきました。この度、企業情報システムでのスマートデバイス活用を促進する目的で、「hifive」をオープンソースソフトウェアとして提供開始いたします。

「hifive」は、スマートデバイスの入出力に対応した開発フレームワークです。これによりPC向けのみならず、スマートデバイスに対応したアプリケーション開発が、スマートデバイス固有の開発知識を必要とせずに、効率的かつ確実に行えるようになります。また、HTML5に準拠していますので、アニメーションやグラフをWebブラウザ上で自在に表示することが出来ます。

新日鉄ソリューションズは、本「hifive」を多くのユーザにご利用頂くことで、企業情報システムでのスマートデバイスの活用を加速し、この分野におけるリーディングSIerを目指します。

以上

【hifiveの概要について】

・アーキテクチャー
img_20120411_l.gif


※図をクリックすると、拡大画像が見られます。

・入手方法:4月末にインターネット上に公開する予定。

【新日鉄ソリューションズ株式会社 概要】
・資本金:129億円
・代表取締役社長:謝敷 宗敬
・本社所在地:東京都中央区新川二丁目20-15 第2新日鐵ビル西館
・設立:1980年10月1日
・事業内容:
 ・経営及びシステムに関するコンサルテーション
 ・情報システムに関する企画・設計・開発・構築・運用・保守及び管理
 ・情報システムに関するソフトウェア及びハードウェアの開発・製造並びに販売及び賃貸
 ・ITを用いたアウトソーシングサービスその他各種サービス
・売上高:1,597億円(連結) 1,422億円(単独) [2011年3月期]
・従業員数:4,917名(連結) 2,414名(単独) [2011年3月31日現在]

NS Solutions、NSロゴは、新日鉄ソリューションズ株式会社の登録商標です。
hifiveは、新日鉄ソリューションズ株式会社の商標です。
その他本文記載の会社名及び製品名は、それぞれ各社の商標又は登録商標です。

【「hifive」オープンソース開発者サイト】
「hifive」オープンソース開発者サイト
メールでお問い合わせ

一覧へ戻る

ページ先頭へもどる