ホーム > ニュース・プレスリリース > 2011年ニュース・プレスリリース > ニュース・プレスリリース詳細

ニュース・プレスリリース News&Press release

ニュース・プレスリリース

2011年10月28日
新日鉄ソリューションズ株式会社

新日鉄ソリューションズは、西日本シティ銀行の協力により
インターネット為替予約サービス~CrossMeetz~を提供開始

新日鉄ソリューションズ株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:北川三雄、以下 新日鉄ソリューションズ)は、株式会社西日本シティ銀行(所在地:福岡県福岡市博多区、取締役頭取:久保田勇夫、以下西日本シティ銀行)の協力を得て、SaaS型のインターネット為替予約サービス、CrossMeetzの提供を開始しました。

当社は、CrossMeetzの導入に際し、西日本シティ銀行から法人顧客への提供機能や画面操作性に関する助言を受け、サービスの品質向上につなげてまいりました。
今回、西日本シティ銀行は本サービスを邦銀で初めて採用し、九州地区の金融機関としてインターネットバンキングでの為替予約サービスを初めて提供することとなりました。

国内地域金融機関の法人向け外為サービス領域においては、顧客である事業法人からのインターネットバンキングによる為替予約サービス提供へのニーズが、近年更に顕在化しておりましたが、システム構築に多大な投資と期間が必要となることが課題となっており、為替予約サービスのシステム化が実現されておりませんでした。

CrossMeetzはこのような金融機関の課題に対応し、初期投資コストを抑え、短期間での導入な可能なSaaS型サービスであり、導入金融機関のブランドでの提供が可能なホワイトラベル型の外為総合サービスです。為替予約サービスは市場レートのリアルタイム配信や取引レートの自動提示、金融機関内部の外国為替業務で必要となるインターバンク取引の自動化など多様な機能を備えています。
また、セキュリティ対策としてサイバートラスト株式会社の「サイバートラスト マネージドPKI」を採用し、電子証明書での認証方式など、金融機関のセキュリティニーズに対応した機能を備えています。

CrossMeetzは、2011年度内に外国送金依頼サービスと輸入信用状開設・変更依頼サービス、2012年度には外貨預金サービスや外貨振替サービスを順次追加し金融機関の外国為替領域におけるサービス提供ニーズに応じてサービスの拡充を行っていく予定です。

新日鉄ソリューションズは、本サービスを国内金融機関を対象に、今後3年の間に15行へ導入する計画です。

以上

【ご参考】

CrossMeetzサービスについて
提供サービス:為替予約サービス、外国送金依頼サービス、輸入信用状開設・変更サービス
提供形態:SaaS型
導入期間:ご契約後2-3週間
動作環境:インターネット接続環境があればご利用可能
■新日鉄ソリューションズ株式会社 概要
資本金:129億5,276万3000円
本社所在地:東京都中央区新川二丁目20-15
設立:1980年10月1日
事業内容:
経営及びシステムに関するコンサルテーション
情報システムに関する企画・設計・開発・構築・運用・保守及び管理
情報システムに関するソフトウェア及びハードウェアの開発・製造並びに販売及び賃貸
ITを用いたアウトソーシングサービスその他各種サービス
売上高:1,597億円(連結) 1,422億円(単独) [2011年3月期]
従業員数:4,917名(連結) 2,414名(単独) [2011年3月31日現在]
■株式会社西日本シティ銀行 概要[2011年3月31日 現在]
設立:昭和19年(1944年)12月1日
代表者:取締役頭取 久保田 勇夫
所在地:〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前三丁目1番1号
電話番号:092-476-1111(代)
従業員数 :3,881人
総資産:7兆1,591億円
預金・譲渡性預金残高:6兆4,260億円
貸出金残高:5兆164億円
資本金:857億45百万円
自己資本比率:(国際統一基準)単体10.32% 連結10.61%
事業内容:普通銀行業務

NS Solutions、NSロゴ、及びCrossMeetzは、新日鉄ソリューションズ株式会社の登録商標です。
本文中の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

一覧へ戻る

ページ先頭へもどる