ホーム > 事例・ショーケース > ユーザー事例 > 激変するビジネス環境に永続的に追従、 商品情報の一元管理へPLMシステム構築

事例・ショーケース Case Study

ユーザー事例

産業・流通ソリューション

株式会社アイ・オー・データ機器様

激変するビジネス環境に永続的に追従、 商品情報の一元管理へPLMシステム構築

プロジェクト概要

背景

商品とビジネスモデルの激変に直面。ハード主体からアプリ/サービス併用へと商品形態がシフトする一方、製品の寿命は短期化、点数も急増。部品情報を一元管理し、変化に俊敏かつ永続的に対応できる業務基盤を求めた。

ソリューション

新たなPLMシステム導入と業務改革を決断。多機能かつ継続性に優れたPLMパッケージ「PTC Windchill」を採用。導入前のコンサルティングやハンズオンを含め、ITベンダーとして同製品に豊富な実績を持つNSSOLを選定した。

成果

新システムは計画通りに稼働、分散していた商品情報が一元管理された。厳格化された業務プロセスのもと、業務の円滑化と品質向上を図り、ビジネス環境の変化に永続的に追従できる基盤を確立。DXへの道筋も付けた。

開発環境の整備へ向け、老朽化したシステムを刷新

スマートフォンやデジタル家電向けのストレージ、ネットワーク機器などを製造・販売するアイ・オー・データ機器。同社では、製品ライフサイクルの短期化や市場ニーズの多様化により製品バリエーションが急速に増大するなか、より付加価値の高い商品を短期間で送り出すべく、開発環境の整備に取り組んできた。
同社がPLMシステム導入の検討を本格的に開始したのは、2015年春のこと。旧システムはビジネス変化への追従性に課題があり、製品の重要な構成要素となってきたアプリケーションやサービスに対しても、関連情報の属人的な管理が常態化し、それによる人手の業務が煩雑さを極めていた。そのため商品に関わる情報を一元管理するとともに、事業の変化に柔軟かつ永続的に追従できるシステムが求められた。

導入コンサルティングと構築をNSSOLが一括担当

複数の製品バリエーションを1つの部品表(BOM)として扱えるスーパーBOM機能を備え、標準機能のみで情報を一元管理できる点を評価し、PLMパッケージの「PTCWindchill」を選択した。日鉄ソリューションズ(以下、NSSOL)が製造業向けに提供するPLMシステム構築・導入コンサルティングサービス「NSBeats(エヌエスビーツ)」を利用し、約1年間のハンズオンを実施。2016年4月のプロジェクト開始時のコンペであらためてNSSOLをパートナーとして選定した。Windchill導入にトップクラスの実績・知見を持つことや、アイ・オー・データ機器のニーズに正対した的確な提案内容が評価された。
NSSOLは、同時期に刷新された生産系システムを担当するベンダーとも綿密に連携しつつ旧システムの膨大なデータを移行、計画通りにPLMシステムの稼働を成し遂げた。

商品情報の一元管理により業務の円滑化を実現

新システムの稼働は2018年7月。当初の予定通り、製品に関連するアプリケーションやサービスの情報をすべてひも付けた一元的な管理が可能になった。それまで一部を手作業に頼っていた他システムとのデータ連携も自動化された。分散していたデータ管理が統合されたことでデータの二次利用へ道が開かれ、予実管理やBIツールによる解析などがこれまで以上に容易になった。98%の標準機能適用率を実現し、今後のビジネスの変化にも柔軟に対応できるよう環境を整備した。
設計部門と他部門とのデータ共有が進み、新商品の調達リードタイムの長い部品を先行調達するなど社内の業務連携が円滑化した。データの恩恵を拡大すべく、新システムをデジタルトランスフォーメーション(DX)実現への基盤として活用していく考えだ。

コアテクノロジー
PLM(製品ライフサイクル管理)業界トップクラスの導入ノウハウ、業務改革への促進力
システム概要
●アプリケーション:商品開発支援システム(PLM PTC/Windchill)

株式会社アイ・オー・データ機器様

株式会社アイ・オー・データ機器様
株式会社アイ・オー・データ機器様
本社:石川県金沢市桜田町3-10
設立:1976年
資本金:35億8800万円
売上高:連結592億2300万円(2019年6月期)
従業員数:連結527名(2019年6月末現在)
グループ会社:国内2社、海外5社

※ユーザー事例の記事内容は掲載当時のものとなっております。

ユーザー事例トップへ戻る

  • Get ADOBE READER

    ADOBE READERについて
    PDFファイルを表示するには「ADOBE READER」(無料)が必要です。

ページ先頭へもどる