ホーム > ソリューション・サービス > データプラットフォーム・データ分析ツールソリューション群 > 異常検知プラットフォーム

ソリューション・サービス Solutions & Services

ソリューション・
サービス

異常検知プラットフォーム

工場の操業データを収集・分析することにより設備や装置の故障予知モデルを作成し、従来の「Time Based Maintenance(TBM)」から「Condition Based Maintenance(CBM)」による運用を可能にします。

実現したいこと

  • 設備の異常を発生前に把握し、保全業務に活用したい
  • AIや機械学習により大規模データを活用して、操業安定化を実現したい

システム概要

システム概要

異常検知プラットフォームによる効果

  1. 工場設備から取得した各種データを可視化して異常値を識別、予防保全を可能とします。
  2. 異常発生時の現場対応をナレッジ化したデータベースとの連携で、異常検知段階での適切な対応が可能となります。(オプション)

利用技術

AI、機械学習、コンテナ

導入事例

データプラットフォーム・データ分析ツールソリューション群へ戻る

ページ先頭へもどる