ホーム > 日鉄ソリューションズの強み > 技術力について > テクノロジー / プロセスエンジニアリング > ソフトウェアファクトリ

日鉄ソリューションズの強み Our Value

ソフトウェアファクトリ

概要

BushiNavire(ブシナヴィール)は、Javaベースのアプリケーションを開発するための当社の標準APアーキテクチャ(注1)です。BushiNavireは、旧来DukeNavire(デュークナヴィール)としてSpring Framework主体で整備してきたものから、NSSOL自製機能を除き、純粋なOSS(オープンソースソフトウェア)のみで構成されています。

BushiNavireを利用することで、ベンダーロックインを避けたうえで、高品質なアプリケーションをより素早く開発することができます。また、海外におけるJavaアプリケーションの50%のシェアを占めるSpring Frameworkをベースに、メジャーなOSSを主体として組み上げているため、寿命の長いシステムを実現できます。当社の開発ノウハウも取り込んでいるため、様々な機能拡張も可能です。

(注1)標準APアーキテクチャとは、当社が長年培ってきた「アーキテクチャ」・「開発方法論」・「アプリケーション機能」についてのノウハウを標準として集約したものです。

アーキテクチャ構成

BushiNavireの全体構成図

特徴

BushiNavireは、開発・実行基盤の提供のみを目的としたものではなく、設計~製作~テストフェーズにおけるトータルな支援を目指すものです。下図に示すとおり、BushiNavireは、当社のノウハウである「開発方法論」を元に、組み上げた「アーキテクチャ」を利用して、様々な「アプリケーション機能」を実現します。

BushiNavireのフレームワーク全体像

BushiNavireの「アーキテクチャ」・「開発方法論」・「アプリケーション機能」およびその「サポート」における特徴としては、次の事項が挙げられます。

アーキテクチャ

  • Spring Frameworkなど世界的にスタンダードであると同時に、新しい技術をキャッチアップしたコンポーネントを採用したアーキテクチャです。
  • OSS製品を主体とするアーキテクチャです。
  • Webアプリケーションとバッチプログラムの両方をサポートします。

開発方法論

  • Javaの開発での利用実績の多いEclipseを開発環境として採用しています。
  • 多数のサンプルやドキュメント、検査ツールにより効率よく高品質な開発ができます。
  • OSSライブラリの推奨構成となるアプリケーションひな形を提供します。

アプリケーション機能

  • 昨今の主流のMVC/RESTを採用しており、非同期型のアーキテクチャにも対応できます。
  • 様々なユーザ認証方式(DB、LDAP、Basic認証)の実装をサポートします。
  • データアクセスやログ管理、メッセージ管理などアプリケーションの汎用な機能を利用できます。

サポート

  • 実績のある検証済みのアーキテクチャにより安心して開発がすすめられます。

導入実績

導入案件の規模は、数千人月規模までの対応実績があります。また、業界・分野も金融、製造・消費財、流通、サービス業、公共・公益と幅広い実績があります。

お問い合わせ

BushiNavireのお問い合わせについては、当社のお問い合わせ窓口からお願いいたします。

テクノロジー / プロセスエンジニアリングへ戻る

ページ先頭へもどる