ホーム > セミナー・イベント > 2015年セミナー・イベント > セミナー・イベント詳細

セミナー・イベント Seminar&Event

セミナー・イベント詳細

セミナー終了

【3月13日(金) 博多開催】 今、あらためて考えるBCP
~盤石なデータセンターで、コスト最適化されたインフラ活用を~

開催日 2015年3月13日(金)15:00~17:20(14:30 受付開始)
会場 アクア博多 3F 会議室 A
福岡県福岡市博多区中洲5丁目3-8 3階
地図

【アクセス方法】
福岡市営地下鉄空港線「中洲川端駅」(2番出口)から徒歩2分
参加費 無料
定員 50名( 定員を超えた場合は抽選とさせていただきます)
主催 新日鉄住金ソリューションズ株式会社
協賛 北九州e-PORT推進協議会
ヴイエムウェア株式会社
株式会社IDCフロンティア
EMCジャパン株式会社
後援 公益財団法人 九州ヒューマンメディア創造センター
プログラムのご案内
14:30 開場
15:00~15:20 本セミナー開催に先立ちまして

新日鉄住金ソリューションズ株式会社
ITインフラソリューション事業本部 営業本部長 岡田 康裕
15:20~16:05 北九州e-PORT構想のご紹介と同地域での当社DC事業

公益財団法人 九州ヒューマンメディア創造センター 主幹研究員 兼
新日鉄住金ソリューションズ株式会社
ITインフラソリューション事業本部 営業本部
西日本営業グループリーダー 宗森 敏也

北九州市が地域特性を活かして進める「北九州e-PORT構想」
本構想の推進に現地であたるヒューマンメディア財団研究員(当社社員)がその構想の紹介を行うとともに同地区で進める当社DC事業の概要をご説明します。
 ・北九州市がデータセンター立地に最適である5つの特長
 ・北九州市が進める“e-PORT構想”とは
 ・本構想と連携して当社が提供するデータセンター事業とそれを支える最先端データセンター「アジアン・フロンティア」の概要紹介
※「北九州e-PORT構想」とはDC集積拠点化を始めとする北九州市のICT推進事業
16:05~16:20 休憩
16:20~17:20 北九州データセンターで実現する企業インフラのあるべき姿とNSSOLができること

新日鉄住金ソリューションズ株式会社
ITインフラソリューション事業本部 事業企画推進部
ソリューション企画・推進ユニット統括 部長 菅野 孝治

企業インフラのあるべき姿とは「用途に応じて最適化された」ハイブリット環境での統合基盤です。
しかし、これを実現するには移転リスクやリソースなど、様々な課題があります。
本セッションでは、北九州データセンターを活用した統合基盤を実現するポイントとして、以下2点を紹介致します。
 ・安心、安全なデータセンター移転
 ・オンプレミスからクラウドまで、ハイブリット環境を一元的に提供する基盤
企業が「より成長できる業務に特化する」ためにNSSOLがITパートナーとして支援します。

本セミナー・イベントは終了いたしました

ページ先頭へもどる