ホーム > ニュース・プレスリリース > 2011年ニュース・プレスリリース > ニュース・プレスリリース詳細

ニュース・プレスリリース News&Press release

ニュース・プレスリリース

2011年3月24日
新日鉄ソリューションズ株式会社

新日鉄ソリューションズ、コンテンツの不正利用防止サービスの提供を開始
~米Attributor社との提携により、クールジャパンのコンテンツをグローバルで防御~

新日鉄ソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:北川三雄、以下 新日鉄ソリューションズ)は、米国 Attributor Inc.(本社:米国 カリフォルニア州 サンマテオ、CEO:Jim Pitkow:、以下 Attributor社)と提携し、コンテンツの不正利用防止サービスを日本のお客様向けに提供を開始いたしました。

iPhone、Android携帯などのスマートフォンやiPadをはじめとするタブレットPCなどの普及に伴って、それらの端末で閲覧される電子書籍、電子新聞、ゲームなどのデジタルコンテンツもますます増加しております。これに伴い、インターネット上の不正コピーによる被害も拡大しております。具体的には、米国での1年間の電子書籍の不正ダウンロードによる損害額が30億ドル(約2,730億円)に達するという推計(*1)やゲームの違法ダウンロード被害額が年間1,000億円以上の巨額に上るという調査もあります(*2)。今後、日本でも一層の拡大が見込まれるデジタルコンテンツ市場で、こうした不正コピー/ダウンロードに対して如何に対応して行くかが、コンテンツビジネスを推進するにあたり、重要な課題となってきました。

この度、新日鉄ソリューションズは、米国Attributor社と連携して、インターネット上の不正コピーを速やかに発見し、不正コピー掲載サイトに削除勧告を発し、削除実現に至る業務のアウトソーシングサービスの提供を開始致しました。本サービスは、日本、米国、欧州などサイトの設置場所を選ばずに対策を行うことが可能であり、新日鉄ソリューションズは、Attributor社の日本ビジネスのパートナーとして、日本語対応や日本のお客様のグローバル対応を支援致します。

日本のコンテンツの海外における不正利用及び日本からの海外での不正コピーへのアクセスへの対応が課題となっている現在、本サービスは、有力な対策と期待されます。既にサービスを開始している米国では、出版上位10社のうち7社で採用されるなど全世界で50社以上1万タイトル以上の書籍を監視しております。

新日鉄ソリューションズは、デジタルコンテンツを含む幅広いElectronic Commerce(EC)サイトシステムの構築実績を有していますが、お客様のECサイト構築による経営面での攻めの施策を支援すると同時に、今回のコンテンツ不正利用防止サービスによって守りの施策をご提供することにより、お客様のニーズにトータルで応えるITパートナーとしてのご期待沿うべく努めて参ります。

以上

(*1)出典:Attributor社2010年調査による。
詳細はこちら
(*2)出典:社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)の調査による。
詳細はこちら
<関連セミナーを開催します。>


■新日鉄ソリューションズ株式会社 概要
 ・資本金:129億円
 ・本社所在地:東京都中央区新川二丁目20-15
 ・設立:1980年10月1日
 ・事業内容:
  ・経営及びシステムに関するコンサルテーション
  ・情報システムに関する企画・設計・開発・構築・運用・保守及び管理
  ・情報システムに関するソフトウェア及びハードウェアの開発・製造並びに販売及び賃貸
  ・ITを用いたアウトソーシングサービスその他各種サービス
 ・売上高:1,522億円(連結) 1,350億円(単独) [2010年3月期]
 ・従業員数:4,848名(連結) 2,424名(単独)   [2010年3月31日現在]


Attributor社概要
Attributor社は、米国カリフォルニア州サンマテオを本社・事業拠点とする、インターネット検索技術を核とした技術指向の会社です。現在、コンテンツ不正利用の発見、停止、或いは権利保護によるコンテンツビジネスの拡大のためのサービスを提供しています。
以下のような顧客を有しています。
 出版社:Harper Collins, John Wiley & Sons, Scholastic, Harvard Business Publishing,  Taylor and Francis, Quercus Publishing,
 通信社:The Associated Press, Agencia EFE, Agence France-Press,
 新聞社他:The Financial Times and the National Science Teachers Association.


■サービスの概要

1.サービスの名称
・コンテンツ不正コピー利用防止サービス
 (Attributor社 Guardian Serviceシリーズをベースとした日本顧客向けサービス)
2.対象となるコンテンツとお客様
・書籍/電子書籍(マンガ含む) ・新聞/電子新聞 ・ゲーム
・出版社 ・著作権者 ・ゲーム製作会社 ・プラットフォーム事業者
3.対象となる領域
・Webページ ・ブログ ・サイバーロッカー ・トレントサイト
4.サービスご提供の流れ
サービスご提供の流れ
Attributor社資料を元に弊社作成
5.費用及び導入プロセス
・対象コンテンツの種類、数量と監視期間に応じた課金体系となっています。
 また、導入にあたっては、試験的な短期契約など、お客様のニーズに沿った対応が可能です。
 詳細は、弊社営業までお問い合わせください。


・ NS Solutions、NSロゴは新日鉄ソリューションズ株式会社の登録商標です。
・ 本文中の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
・Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。
・iPhoneはApple Inc.の商標です。iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

一覧へ戻る

ページ先頭へもどる